以前消費者金融に勤めていました、収益は都銀並みと肩で風を切る勢いの頃でした、債権管理を担当していたのですが、返済困難になってしまった方と裁判所で今後の返済をどうしていくのかという話し合いの場、調停というものによくいってました。

そこでは、貸主、借主、調停委員、裁判官が同席して今後の返済を話し合いで決めていくというものです。私は、まだ若かったこともあり、会社のいわれるままに利益を追求する姿勢に全く疑いをもつこともなく業務にあたっていました。調停という話し合いの場でもいかに多く返済させるかということばかりに意識がいき、強引に話しを進めていくこともありました。

今ではとても考えられないことですが、借主との今後の返済の金額、返済期間など決まった後に、裁判官の方が、返済金額などを低く抑えようと助言するのですが、私は会社の利益が損なわれないように、裁判官に対して怒鳴るような口調にもなったものです。若かりし消費者金融の思い出です。

このようにならないように現在お金を借りてる方は気をつけましょう、またこれからキャッシングを利用される方もしっかりと返済計画を立て利用をしていきましょう、では 今日中にお金を借りるなら即日融資のキャッシング はココ!